BLOG

  1. タクミテーブル HOME
  2. ブログ
  3. リモートワークとエクステリア

リモートワークとエクステリア

リモートワークに緑を取り入れている自宅

こんにちは!
緊急事態宣言が延長されましたね。政府から新しい生活様式を示され、いよいよ外出自粛解除に向けて動きだしているのかな、という気がしました。

4月の初めに緊急事態宣言があり、私も在宅ワークが始まりました。

我が家の4歳の子どもがいる環境での在宅ワークは決して簡単なものではありません。

子どもはじっとしていられないし、体力有り余っているし、ご飯は毎食用意しなければならないし…。

自分の仕事をしながら、考えることがたくさんあり、序盤は体力よりも頭の中が疲れ果ててヘトヘトでした。

初めは自分の仕事と、毎日子どもをどう過ごさせるか、ということしか頭に無かったのですが、少しずつ慣れるにつれ、お庭周りのことも気になるようになってきました。

今回はリモートワークをしている方をメインに、そしてまだまだ続く外出自粛生活を少しでも気持ちよく過ごすためのエクステリアのお話をしたいと思います。

私の実体験がメインとなりますので、情報が偏るかもしれませんが、その辺はご了承くださいね(;^ω^)

気晴らしの植物たち

庭のある方も、無い方もプランターや鉢なら簡単に緑を取り入れることが出来ますね。

身近なところに植物があるとよい気分転換になります♪

今までは会社や買い物、外食などに自由に行き来出来ましたが、今はどうしても家で過ごす時間が長くなり、ましてや仕事まで家でこなさなければなりませんから、どのように自分の気持ちを切り替えるかが重要になってきます。

室内であれば観葉植物、お庭やベランダであれば野菜などの食べられるものでもいいですね。

植物を育てていることで気持ちが落ち着いたり、花が咲いたり、実をつけたりと先々の楽しみも増えるので緑の効果は絶大です(*^^*)

室内で育てる観葉植物

虫がつきにくいものをチョイスすれば初心者でも失敗は少ないですし、野菜やハーブなどであれば食費の節約にもなります。

今の時期なら、苗からのスタートでトマト、バジル、ピーマン、きゅうりあたりがよいのでしょうか(種まきはもっと前です)

虫がつきやすい植物でも、周りににんにくや唐辛子などを植えると虫が減ったりするので、工夫次第でいろんな楽しみ方が出来ますよ♪

植物のお世話をしながらリモートワーク(逆か?)で、心にゆとりを持ちながら過ごしていきたいですね。

快適な室温管理

コロナ対策の中に「こまめに換気」というのがありますが、これから暑くなってくると、直射日光が入りすぎてエアコンの効きが悪くなったり、換気をしている間に部屋の温度が上がってしまったりと、何かとトラブルがおきがちです。

室内に直接日差しが入らないようにオーニングテントや、グリーンカーテンなどで、直射日光を遮ってあげると、お部屋の環境を快適にしてあげることが出来ます。

直射日光を遮るグリーンカーテン

グリーンカーテンはホームセンターに材料が売っているので、簡単に出来ますし、オーニングテントやパラソルの設置も、ものによっては自分でできるものもあるので、今のうちに検討することをオススメします。

安全な子どもの外遊びのために

子育てをしながらリモートワークをしなければならない方も多いと思います。

私もそのひとりです。

仕事も気にしながら、子どもの遊びにつきあうのは思っていたよりも大変です。

うちには猫の額ほどではありますが、小さな庭があります。

子どもの滑り台を置いてあったので、私が在宅ワークになってからは、晴れた日は毎日遊んでいます。

子どもは時々予想できない動きをすることもあるので、つきっきりで見ていても、対応が追い付かない時があります。

どの親御さんも安全には十分配慮していると思いますが、エクステリアが助けになってくれる要素もあります。

例えば、滑り台などの高さのあるものの下には、天然芝や人工芝を敷いて地面を柔らかくしてあげる。どこへ行くかわからない年齢の子どもにはフェンスや扉などで囲ってあげることで、安心して目の届く範囲で遊ばせることが出来ます。

我が家は庭に人工芝を敷いているのですが、子どもは感触が気持ちいいのか、裸足になったり、よく寝転んだりしています(*^^*)

子供が遊べるお庭の芝生

これからの季節にはパラソルやオーニングテントなどの日よけグッズがあるとより快適に遊べますね♪

DIYでちょっとしたリフォーム

ここからはテーマから脱線したお話になります。

最近はお休みの日も外出ができないので、子どもと遊ぶか庭をいじるかという感じになっています。

リフォームと呼べるか微妙なところですが、外出自粛生活の間に、駐車場の目地をちょっと改良しました。

子どもと一緒に作業するのは大変なので、ダンナさんを巻き込んで、子どもに絡まれていない方が作業するという分担になります。

必然的に子どもは私にべったりなので、ほとんどの作業をダンナさんが行うことになるのですが(;^ω^)

今まで目地を砂利にしていたのですが、子どもがポイポイ掘り起こして遊んでしまって、砂利が減ってきていたのと、どうしても雑草が生えてしまうので、この際しっかり対策をしようということですべてやり替えることにしました。

え?リフォームって目地だけ?!という声が聞こえそうですが、材料を揃え、目地を15cmほど掘り起こし、防草シートを張り、隙間に防草用の土を入れ、レンガを並べ、砂利を敷き…とやっていると結構工程が多く、時間がかかりました…(;^_^A

子どもの妨害あり、途中で雨が降ってきたりで、2日ほどかかりました。

そして、目地のリフォームを終えると他のところも手を付けたくなり、まだ我が家のDIYリフォームブームは続いています。

せっかく時間があるので、こんな過ごし方もいいなと思います。なにより完成後の達成感がすごいです。

まとめ

お家時間が長いこの時期。「自粛」というと「我慢」というイメージになりがちですが、家や庭のことを見直す良い機会でもあります。

外出自粛・リモートワークが始まってから、家や庭のことで不便に感じることがあったら、改良のタイミングなのかもしれませんね。

政府も新しい生活様式の提言をしたくらいですから、緩急はあるのでしょうが、しばらくはこのような過ごし方が続くのだと思います。

長く過ごす家や庭の環境と整えることで、快適にこの自粛期間を乗り切りたいですね。

我が家では、駐車場の目地のリフォームから他の場所も気になりだし、今は自分でできるところは自分でDIYして、さらにプロにお願いしようという箇所も見えてきたので全体的にお庭のリフォームを計画しているところです。

お家時間を快適に過ごすために、気になるところは今のうちに!
タクミテーブルでもご提案致しますので、お気軽にご相談くださいね!!

STAFF
CADオペレーター
村田絢子

図面の製作をメイン業務としていますが、自身も自宅のお庭をガーデニングしながら子育てしています。 正確で見やすい図面を作成します。

ご依頼・ご相談 お気軽にお問い合わせください
※土日祝のご来店に関しては、事前にお電話ください

当社負担 ローン金利0円。50万円から組めるお得なローン。詳しくはこちらから
Follow Me
FacebookPinterestinstagramtwitter
ベストな相談窓口がわかる読み物を無料ダウンロード!